神戸に出張

国際会計基準の研修を受けるため、神戸に行った。
初神戸。
午後イチの研修を直行直帰でOKと行ってもらえた。
これはせっかくだから観光もせねばなるまい。

神戸といえば中華に違いない、ということで中華料理屋へ。

南京町。死ぬほど中華料理屋が並んでいて、どれが良いんだか全く分からない。
画像


食べログで検索して、南京町ではない所にある、人気一番の店に行くことにした。
店名は「杏杏」。
行ってみて衝撃…ち、小せえ!!
画像


カウンターで8席しか無い小さな店だったが、とりあえず入ってみた。
注文したのはまずクラゲ。生姜が使ってあって、よりさっぱり味。前菜としてはかなり美味しい。
画像


そして牛バラ飯。こっちは牛が大変柔らかだった。もう少し甘辛な方が良かったが、これは好みの問題だろう。
画像

まあ自分にとっては衝撃的なウマさではなかった。
たしかにそこらの中華料理屋の味ではないくらいには美味しい。肉のボリュームも満点だったし。
大衆中華のトップクラスとかいう感じなんかな。
グランコートの花梨とか、東急の南国酒家とかはとても美味しいなあと思ったあたり、
自分の好みとは方向性が異なるようだということらしい。


あと、老祥紀という、有名な老祥記とほぼ同じ味だという肉まんを食べてきた。
画像

うーん、という感じだった。


当たり前だけど、ネットで美味しいと言われているものが必ずしも自分の好みとは違うんだなあ。

この記事へのコメント

EDI
2011年06月23日 20:14
老祥記は食事に並ぶのを無上の苦しみと感じる僕でも並んでしまうぞ。次回にどうぞ。
Master !
2011年06月23日 22:20
え、老祥記の方は老祥紀と違ってそんなに旨いのか??
これまたネットの情報のほぼ同じ味ってのがあてにならんかった。。。
今度行ったときには並んででも食べてみますわ。

なお、北野についてはあまり調べずに行ったので、スターバックスの存在は知りませんでした。

この記事へのトラックバック